【教えて!】バイリンガルの子育ては日本でも出来る?具体的な8つの方法をご紹介

この記事のまとめ

バイリンガルの子育ては日本でもできるのしょうか?

この記事では、バイリンガルの子育てを行うための8つの方法をご紹介しています。

また、バイリンガルの子育てを実際に行っている親御さんにアンケートを実施し、バイリンガル子育ての苦労話や失敗談、成功のコツも教えていただきました。

 

「小学校でも英語の授業が始まっているし、どうせなら英語をマスターしてほしい」

「これからはグローバル社会だから、子供には英語を喋れるようになってほしい」

「英語をマスターすることで将来的な可能性を広げてあげたい」

 

乳幼児をもつ親なら、一度はこのような事を考えたことあるのではないでしょうか?

 

かくいう私も、2人の娘をバイリンガルに育てるべく、英会話を習わせているうちの一人です(笑)

 

でもそもそも日本で子育てをする上で、バイリンガルに育てることは可能なのでしょうか?

 

両親ともに日本人、英語の資格や留学経験などがないご夫婦なら、尚更そんな事を考えてしまいますよね。

(ちなみにうちの夫婦は、奥さんが英検準2級の資格をもってるだけです^^;)

 

今回はそんな親御さんの為に、バイリンガルの子育てが日本でもできるのか、またバイリンガルの子育ての方法を8つご紹介させていただきます。

 

ぜひご参考になさってください^^

 

バイリンガルの子育ては日本でも出来る?

バイリンガル 子育て 日本

 

結論、バイリンガルの子育ては日本でも出来ます

 

理由としては、日本の英語教育が昔と比べて格段に変化していることが挙げられます。

 

2020年から日本の英語教育は大きく変わり、小学3年生から英語授業の必修化が始まりました。

 

これまでの「読む」「聞く」「書く」が中心だった英語教育から、「話す」ことが中心の英語教育に変化しつつあります。

 

変化することによって、子供たちが英語を身近な存在として捉える、結果バイリンガルの子育てがしやすい環境が出来る、と言う構造ですね^^

 

おくさん。

そういえば最近、英会話教室や英語教材の宣伝も増えている気がする…

企業も今がチャンスだと思っているんだろうね

もーおく。

 

バイリンガルの子育ての方法を8つご紹介

バイリンガル 子育て 8つの方法

 

では日本でバイリンガル子育てを行うにはどうすればいいのでしょうか?

 

ここからは、バイリンガルの子育ての方法を8つご紹介いたします。

 

 

英語の教育番組や海外のテレビ番組を見せる

海外テレビ番組

 

小さいお子さんがいるとEテレやアニメなどを見せる親御さんが多いと思います。

 

バイリンガルの子育てをしたいなら、英語に多く触れさせるために、英語の教育番組や海外のテレビ番組を見せるようにしましょう。

 

具体的な番組名を言うと、乳幼児なら「えいごであそぼ with Orton」、小学生なら「エイゴビート」「基礎英語0〜世界エイゴミッション〜」、中学生なら「エイエイGO」などが有名です。

 

他にもお子さんが小さいうちは、副音声で英語が聞ける「ミッフィーのぼうけん」「きかんしゃトーマス」「おさるのジョージ」などもオススメですよ^^

 

おくさん。

うちの娘も副音声でトーマスなどを見てるわね
まぁ正直英語を理解してるかしてないか不明だけどね(笑)

もーおく。

 

英語のCDをかけっぱなしにする

英語のCD

 

こちらも英語の教育番組同様、英語に多く触れさせるために、お家や車の中では英語のCDをかけっぱなしにすることをオススメします。

 

子供は歌の中から単語や英語の発音も学んだりしますので、一緒にいるときは可能な限り英語のCDをかけておきましょう♫

 

おくさん。

カーペンターズは聞き取りやすい英語なのでオススメよね

今では娘も一緒に口ずさんでいるよね^^

もーおく。

 

英語の絵本を読み聞かせしてあげる

英語 絵本 読み聞かせ

 

大人のハードルがすこ〜し上がりますが(笑)、英語の絵本を読み聞かせをしてあげることも効果的です。

 

英語の絵本などは図書館でも借りることができますので、お子さんと一緒に楽しみながら勉強していきましょう。

 

もし親御さんで「英語の読み聞かせはちょっと難しい…」と言う方は、YouTubeスマホのアプリを活用することもオススメですよ♫

 

おくさん。

便利な時代になったわね(笑)
一番良いのは親子で楽しみながら読み聞かせをすることだね

もーおく。

 

大人も積極的に英語で話しかける

積極的に話しかける

 

「いやいや…私英語話せないんですけど…」

と言う親御さん、大丈夫です!

 

英語が話せなくても、お子さんと一緒に英語を学ぶと言う姿勢を見せることができればOK(^^)

 

子供の方が大人より吸収速度が早いので、すぐに追い抜かれてしまうと思いますが気にしたら負けです(笑)

 

子供が英語を好きになってくれるよう一緒に勉強していきましょう♫

 

きっとお子さんもご家族で一緒に勉強できた方が楽しいですよ!

 

おくさん。

英語で話しかけると大人も脳の活性化になっていいわね(笑)
僕はすでに6歳娘に英語力は負けていると思う…^^;

もーおく。

 

英語のゲームやアプリを活用する

英語のゲーム

 

もしお子さんがゲーム機やスマホをお持ちなら、ゲームアプリを活用して英語を学ばせることも有効です。

 

ニンテンドーDSでも多くのソフトが販売されていますし、アプリも数多く出されています。

 

無料で遊べる英語のオンラインゲームなどもありますので、英語に触れる機会をたくさん作ってあげましょう。

 

おくさん。

でもゲームだと、やり過ぎて目が悪くなったりするのが心配ね…
時間を決めてさせるなら問題ないんじゃない?

もーおく。

 

年に1度は海外旅行に行く

年に一度は海外旅行に行く

 

ご家庭の懐事情に余裕があるなら、年に1度は海外旅行に行くのがオススメです。

 

海外に行くと目に映る全てのものや事柄が新鮮で、お子さんにとって良い刺激になることは間違いありません。

 

実際に現地の人たちと英語で話すことで、自分自身の成長も感じられますし、「もっと英語を話したい」と言う気持ちになりますよね♪

 

おくさん。

私たちも下の娘が3歳ぐらいになったら海外旅行に行きたいわね
今からしっかりお金貯めときます(^^;;

もーおく。

 

英会話教育に通わせる

英会話教室に通わせる

 

うちの娘も通っています、英会話教室(笑)

 

毎月月謝が必要ですが、ネイティブの先生が講師をしてくれ正しい英語の発音などが学べます。

 

うちの娘は「ペッピーキッズ」と言う英会話教室に通わせていますが、「ペッピーキッズ」は体を動かしながら英語を学べると言うのが特徴です^_^

 

英会話教室もたくさん種類がありますので、実際に見学に行って決めることをオススメします。

 

おくさん。

私たちも4つの英会話教室に見学に行ったわね
結果的に娘も楽しんで通っているから良かったよね

もーおく。

 

インターナショナルスクールに通わせる

インターナショナルスクール

 

懐事情に余裕があるご家庭限定になってしまいますが、日本でバイリンガルの子育てをするなら、インターナショナルスクールに通わせるのが1番有効的と言えるでしょう。

 

ただ費用は年間で150万円〜200万円ほどかかると言われています。

 

会社の社長さんや著名人のお子さんしか、通わすことは難しそうですね(汗)

 

おくさん。

たしかキムタク夫妻や北斗晶夫妻のお子さんが通ってたわよね
誰でも簡単に通わすことは出来ないね…

もーおく。

 

バイリンガルの子育ては何歳から始めるべき?

バイリンガル 子育て いつから

 

ここまで色々お話ししてきましたが、バイリンガルの子育て教育って何歳から始めるべきなんだろう?って疑問を持ったことありませんか?

 

結論、可能であれば0歳からバイリンガルの子育て教育を始めたほうがいいです。

 

赤ちゃんは生まれて6か月後くらいから、普段聞かない言葉は不要なものだと処理してしまい、脳内の言葉を聞き分ける回路が育たなくなっていきます。

 

この回路が出来上がるのは3歳までとも言われ、大きくなってあらたに回路を育てようとすると、多くの時間と労力が必要になります。

 

このことからバイリンガルの子育ては、可能であれば0歳から始めて遅くても言葉を聞き分ける回路が最も成長しやすい3歳までに始めるのが理想とされています。

 

おくさん。

うちの娘は4歳から始めたけどもしかして手遅れなのかしら…
0歳開始はあくまで理想の話だから、始めるのが遅くなっても特に問題はないよ^^

もーおく。

 

バイリンガル子育てで失敗や苦労したことは?【アンケート回答】

バイリンガル 子育て 失敗

 

ここからは実際にバイリンガルの子育てをされている、ご夫婦共に日本人の親御さんのアンケート結果を見ていただきたいと思います。

 

子育てをする中でどんなご苦労や失敗があったのか、きっと参考になると思いますよ^^

 

では早速見ていきましょう。

 

  • 子供の言葉が母国語と混じる
  • なかなかそういう教育をしている家庭がないので悩みが共有できない
  • 時々妻の言うことがわからないので、疎外感を感じる(奥さんがTOEIC900点)
  • 親も勉強しないとついていけない。
  • 英語と日本語、両方を同じレベルで教育していくのは、正直無理があると思います。ある程度母国語が発達してから(10才くらい)、他の言語を勉強したほうが、効率はいいと思います。
  • 日本語を家で話さないので、逆に日本語がわからなくて困った。
  • 子供に英語が楽しいものだと感じてもらえるようにすること。英語遊びがたのしくて自ら進んでやるように仕向けることが難しかった。
  • 子供の英語が聞き取れずにわからない
  • なかなか外国語が身につかない
  • 子供にあう英会話教室がなかなか見つからず無駄なお金がたくさんかかった。
  • 日本語も英語も中途半端になってしまったのか、周りの子たちよりも言葉を喋り始めるのが遅かったこと。
  • スピーキングばかり重視してしまうと、思考能力や読解、スペリングや漢字が遅れてしまった。多言語を話すことができるからといって、ロジックの組み立てや自分で考える力が育っているとは限らないようです。
  • 夫婦ともバイリンガルなのだが、家では日本語を使わないことから、娘が日本語がわからないというジレンマに陥った
  • 私は英語をあまり喋れないので娘の質問に答えられないことが時々あります。フォニックスゲームだと娘の方が私よりも正解を出しているので私も勉強しなければと思います。
  • 町の外国人と仲良くなり、悪影響を受けることがあった

 

おくさん。

バイリンガルに育てるのはやっぱり大変なのね…
親も勉強をしないといけないか…頑張らなくては!

もーおく。

 

バイリンガル子育てのコツは?【アンケート回答】

バイリンガル 子育て コツ

 

では次に、バイリンガル子育てをする上でのコツを教えて頂きましたので見ていきましょう!

 

  • まずは母国語で基礎をしっかり作ってから外国語学習をはじめる
  • 子供が言葉を覚える前から英語に慣らしておくこと
  • 生活の中に語学勉強を取り入れる
  • 家の中で楽しく学べる環境と雰囲気を作ってあげること。
  • バイリンガルになるために、一番難しいのは、発音の問題だと思います。この点に重点をおくのであれば、12才までに外国語の学習を始めるのが理想的。
  • 自分の身の丈に合わない期待をしないこと。
  • 英語は幼い時期の脳が一番発達する時期に学ばせるのが一番良いと思います。日常の遊びに英語を取り入れて英語耳に養うことがコツです。
  • 独学で勉学をしてから子供に教える事をお薦めします。
  • 親子留学をすること。
  • 粘り強く、根気よく継続すること

 

おくさん。

バイリンガル子育てのコツに関しては様々な意見があるみたいね
家庭の中で楽しく学べる環境を作るというのは大事のようだね^^

もーおく。

 

バイリンガルの子育ては日本でも出来る?8つの方法まとめ

まとめの画像

 

いかがでしたか?

 

今回、【教えて!】バイリンガルの子育ては日本でも出来る?具体的な8つの方法をご紹介についてお話させていただきました。

 

まとめますと、

  • 日本でバイリンガルの子育てをする方法は8つある
  • 一番お手頃なのは海外のテレビ番組、一番ハードルが高いのはインターナショナルスクール
  • バイリンガルの子育ては可能であれば0歳から始めるのが理想的

という事が分かりました。

 

現在、世界では人口の約半分がバイリンガルといわれているのですが、日本人で英語が話せる割合は約30%だそうです。

 

この現実を踏まえ、日本でも小学3年生から英語が必修科目になりました。

 

学校教育だけではバイリンガルに育てることは難しいと思いますので、各ご家庭で英語を楽しく学ばせる環境作りが大事になってきそうですね^^

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です