【ヤバッ…】私立高校の入学費用を徹底調査!早めの貯金…必須です!

この記事のまとめ

私立高校の入学費用入学後の費用を徹底調査!

何にいくら費用がかかり、いつ支払うのかを詳しく解説しています。

お子さんが私立高校入学を検討されているご家庭は是非ご参考になさってください。

私立高校の入学費用って高いんだろうなぁ…。

一体いくらかかるんだろう…?

お子さんが私立高校入学を検討されているご家庭は気になるところですよね。

この記事では、下記データをもとに私立高校の入学費用について徹底解説しています。

この記事を読むことで、私立高校の入学費用入学後の費用いくらかかるか分かります

高校無償化制度についても解説していますので、お子さんが私立高校入学を検討されているご家庭は是非参考になさってくださいね^^

目次

私立高校の入学費用・入学後の費用は?

私立高校 入学費用

私立高校の入学費用と入学後の費用は下記のようになります。

私立高校の入学費用

文部科学省のデータ:約37万円・アンケート結果:約58万円。

私立高校の入学後の費用

文部科学省のデータ:約35万円/年・アンケート結果:約79万円/年。

入学費用、入学後の費用ともに、文部科学省のデータとアンケート結果に大きな差が開いています。

この差額は一体何なのか、のちほど詳しく解説します。

もーおく。

入学費用で約21万円の差、入学後の費用では44万円の差がでてるね…^^;

おくさん。

私立高校は地域や学校によってかなりの差があるみたい…。
今から詳しく解説するわね

私立高校の入学費用の詳細は?

私立高校 入学費用

私立高校の入学費用何にいくらかかりいつどんな支払い方法で払うのかまとめました。

文部科学省のデータ、アンケート結果、順番に説明していきます。

文部科学省のデータ

項目金額
学校納付金等215,999円
図書・学用品・実習材料費等42,675円
通学関係費114,043円
もーおく。

合計372,717円、はじめに紹介した約37万円はこの金額だね

おくさん。

そうね。なかでも入学金を含む学校納付金が大きな割合を占めてるわね。
次はアンケート結果を見ていくわ

アンケート結果

項目金額支払い時期・支払い方法
入学金0〜1,000,000円
学校納付金等(入学金を除く)0~200,000円入学時振り込み、銀行窓口支払い
制服代30,000~140,000円
体操服代30,000〜50,000円
通学靴代5,000~10,000円入学前に各自で購入
通学鞄代5,000〜10,000円入学前に各自で購入
指定の上履き・体育館シューズ代5,000~10,000円
教科書・学用品代20,000〜80,000円都度払い、入学時振り込み
通学定期代60,000〜156,000円入学前に各自で購入

※印の入学金、〇印の制服代、体操服代、指定靴代は支払い時期や支払い方法など様々でした。

※印の入学金
  • 3月末に銀行振込
  • 3月末に口座引き落とし
  • 入学手続き時に振り込み
  • 合格発表後1週間後に振り込み
〇印の制服代、体操服代、指定靴代
  • 3月末に銀行振込
  • 3月末に口座引き落とし
もーおく。

私立高校は入学金で1,000,000円かかるところもあるの!?ヤバッ…

おくさん。

大半は200,000円前後だったんだけどね。
東京都にお住みのご家庭2軒で1,000,000円の回答をいただいたわ^^;

私立高校の入学後の費用をチェック

私立高校 入学費用

次に私立高校の入学後の費用をチェックしていきます。

文部科学省のデータ

項目金額
授業料230,026円
修学旅行・遠足・見学費53,999円
教科外活動費56,224円
その他6,085円

「平成30年度子供の学習費調査の結果について」では、塾などの補助学習費が含まれている学校外活動費も紹介されていますが、今回の記事では割愛しております。

もーおく。

合計金額は346,334円、はじめに紹介した約35万円/年はこの金額だね

おくさん。

入学費用と入学後の費用を足して719,051円か~…。
こうやって見ると公立高校の入学費用とは全然違うわね^^;

アンケートの結果

項目金額支払い時期・支払い方法
授業料130,000~800,000円入学時一括振り込み、毎月or数か月に分けて口座引き落とし
修学旅行・遠足・見学費60,000~480,000円毎月積立、一括振込、口座引き落とし
教科外活動費6,000~208,500円都度現金手渡し、口座引き落とし

授業料は、入学時に一括振り込みが必要な学校や、毎月or数か月に分けて口座引き落としされる学校など様々でした。

修学旅行・遠足・見学費は、修学旅行費を毎月5,000円積立している学校や、一括で振り込み、分割で引き落としされる学校などこちらも様々。

遠足や社会見学は5,000~10,000円を都度払いする学校が多かったです。

教科外活動費はクラブ活動の費用がメインですが、「進学校なのでクラブ活動を行っていない」という声も多く見られました。

ちなみに教科外活動費の金額が1番高かったご家庭は、お子さんが剣道部所属で部費8,500円、指定道具50,000円、防具150,000円という回答でした。

もーおく。

アンケート回答の平均額が約79万円/年ってことだよね?

おくさん。

そうなんだけど、30名の回答だと上下の平均値がバラけちゃって…。
あくまで1つの目安として考えてもらえれば嬉しいわ^^;

私立高校も授業料無償?支援金制度を詳しく解説

私立高校 無償化

ここからは近年話題になっている、高校無償化制度について詳しく解説していきます。

高校無償化制度ってそもそも何?

高校無償化制度の正式名称は「高等学校等就学支援金制度」で、制度内容の要約は下記のとおり。

  • 2010年に国が発足した制度で、2020年4月に制度の内容が大幅に変更になった
  • 支援金制度は公立高校・私立高校が対象で、全日制・定時制・通信制なども不問
  • 条件に該当するご家庭は私立高校の授業料も実質無償化になる
もーおく。

私立高校でも授業料が無償化になるの?

おくさん。

次の条件に該当するご家庭は無償化になるわ

対象家庭や支援金額は?

気になる対象家庭や支援金額について説明します。

対象家庭:「日本在住であること」「保護者の所得が以下の条件であること」

所得条件:保護者の市町村税の課税標準額×6%-市町村民税の調整控除額

試算結果が304,200円未満の場合のご家庭は、就学支援金の対象となります。

・・・・・

これだけ見てても分かりづらいですよね^^;

対象家庭を簡単に説明すると、

  • 年収910万円未満のご家庭は118,800円の支援を受けれる
  • 年収590万円未満のご家庭は396,000円の支援を受けれる

という認識でオッケーです。

※各都道府県や学校によって計算方法や所得基準が変わりますので、支援を検討されているご家庭は学校に確認してくださいね。

私立高校 授業料無償化
引用:文部科学省「私立高等学校授業料の実質無償化」について(2020年4月から)
もーおく。

年収590万円未満のご家庭は396,000円の支援金…これはデカイね!

おくさん。

396,000円あれば授業料が無償化になるご家庭が多いんじゃないかしら

申請に必要なものや申請の時期は?

申請に必要なもの、申請の時期、注意点について説明します。

申請に必要なもの申請に必要な書類、保護者のマイナンバーが記載されている書類
申請の時期入学後の4月、在校生の場合は7月頃。申請時期が近づくと学校から案内有
注意点計算方式や所得基準は都道府県や学校によって異なるので要確認
支援対象のご家庭でも、申請が必要(自動で支援を受けれる訳ではない)
申請後支援を受ける場合でも、授業料は先に自己負担する必要がある

保護者のマイナンバーが記載されている書類は、マイナンバーが記載された住民票の写し、マイナンバー通知カードの写し、マイナンバーカードの写しなど。

申請の時期は、新入生は4月・在校生は7月頃。申請の時期が近づくと学校側から申請の案内が届きます。

支援は自動的に受けられる訳ではありません。対象のご家庭でも申請が必要になりますので注意しましょう。

もーおく。

支援対象の家庭でも申請が必要なんだね…気をつけねば!

おくさん。

自動的に受けれるようにしてくれたら楽でいいのにね^^;

他にもある?私立高校で利用可能な支援制度

私立高校 支援制度

授業料を支援してくれる「高等学校等就学支援金制度」の他に、授業料以外の費用を支援してくれる「高校生等奨学給付金制度」という制度もあります。

対象のご家庭・支援対象になる項目・支援金額はこちら。

高校生等奨学給付金制度

対象家庭

  • 生活保護世帯・年収270万円未満の住民税非課税世帯

支援対象となる項目

  • 通学用品費、学用品費、入学学用品費、教材費、教科書代、教科外活動費、生徒会費、PTA会費、修学旅行費等

給付金額

  • 生活保護受給世帯(全日制等・通信制):52,600円
  • 住民税非課税世帯(全日制等 第1子):129,600円
  • 住民税非課税世帯(全日制等 第2子以降):150,000円
  • 住民税非課税世帯(通信制・専攻科):50,100円

申請先や申請の時期などは各都道府県によって異なるようです。

詳しく知りたい方は文部科学省「高校生等への修学支援」をご覧ください^^

もーおく。

私立高校の支援制度も色々あるんだね

おくさん。

使える制度は全て使わなきゃ損よね^^

私立高校の入学費用について先輩ママからアドバイス

私立高校 入学費用 アドバイス

最後に先輩ママから私立高校の入学を検討されているご家庭に、私立高校の入学費用についてのアドバイスをいただきましたので、いくつかご紹介したいと思います。

先輩ママがお住まいの都道府県、世帯年収、お子さんの年齢も合わせて記載していますのでご参考になさってください^^

兵庫県、世帯年収500万円、17歳

私立高校で寮に入るのであれば、私立大学と変わらないかそれ以上の費用がかかります。

奨学金は後から払われるので、入学準備には間に合いません。

学校推奨のパソコンを買うだけでも10万を越えたし、衣装ケースや備品も指定があれば買わなければいけないので、100万ぐらいは準備があれば安心かと思います。

埼玉県、世帯年収1000万円、17歳

急な請求がかなりきます。

思いがけない出費もたくさんありますので、すぐに出せるお金は用意しておいたほうがいいと思います。

山形県、世帯年収400万円、17歳

国や住んでいる地域で色々な支援制度があります。私立は高いイメージがあるとは思いますが、公立では得られない学びがたくさんあります。

我が家は低所得者層なので、これからかかるであろう経費にかなり悩みました。子供が私立へと行くと決めたとき節約も心がけました。

お金をとるか学びをとるかとなった時、子供の気持ちを尊重してもらいたいです。そして様々な支援制度を活用してもらいたいと思っています。

神奈川県、世帯年収1250万円、17歳

高校3年生になると部活を引退しているため、部活費や合宿費は不要となりますが、その分大学受験のための塾代などがかかりますので、早めに貯金しておいたほうが良いと思います。

神奈川県、世帯年収1350万円、15歳

高校に入ると、大学受験のために一年生から塾通いをし始める生徒もいて、塾代を確保しておく必要があります。

三年生にもなれば、年間100万円ほどの塾代が必要と聞いているので、そのあたりもしっかりと認識して計画して貯金することをオススメします。

大阪府、世帯年収350万円、16歳

国からや地方自治体からの授業料の補助はあくまで、授業料だけです。

学年費や行事費、制服代は含まれません。

また、10月まで補助の決定が下りないので、自分は実質授業料免除になるとわかっていても、10月までは手元のお金で支払わなければなりません。

払えないようなら、学校と相談と言う方法もとれるとは思いますが、結果はどうなるかはわかりません。

ウチが通っている学校は10月を過ぎて補助のお金が学校に振り込まれたら、学校側がその金額から1月に私が支払うべき金額を差し引いた金額を1月の支払い時期に引き落とし口座に振り込んでくれます。

三年間ずっと同じ補助が受けられるのなら、その戻ってきたお金で後の支払うものは殆ど回す事が出来るので、はじめの一年は耐えなければなりません。

愛知県、世帯年収500万円、16歳

国や県からの補助金もあるが、私立の場合はそれ以外の活動費にお金がかかるし制服も高い。

また、カバンや付属品なども何かと学校指定のものでないといけない場合は多く、特に制服だけでなく靴下や靴、シャツなどは買い替えにお金がかかる。

入学してからでないとどれだけかかるかわからないし、大金でなくても都度払うお金の積み重ねで大金になることがあるので、お金に余裕がないと苦しくなるし、あくまで補助金はおまけだと考えるくらいがいいと思う。

福島県、世帯年収800万、16歳

我が家は元々私立は希望してませんでした。

本命の県立高校に落ちて滑り止めの私立に通うことになりました。

私立はとにかく全てが高いです。私立を考えてなくても子供の将来のために少しでも多く貯金しておくことをオススメします。

東京都、世帯年収940万円、17歳

学校によって違うと思いますが、特に前年度は年間費以外にも、オンライン授業の費用がかかったり、入学後に別途教材費を払ったりと、入学した後にもかなり費用がかかりますので、年会費よりも余裕を持った方が良いと思います。

もーおく。

やっぱり私立高校はなにかとお金がかかるんだね…

おくさん。

子供が小さい時から貯金しておくのがベストね!
未就園児や小学生ならかかる子育て費用も少ないし

私立高校の入学費用を徹底調査!まとめ

まとめ

いかがでしたか?

今回、【ヤバッ…】私立高校の入学費用を徹底調査!早めの貯金…必須です!についてお話させていただきました。

まとめますと、

  • 私立高校の入学費用は約37万円~約58万円(文部科学省データ・アンケート結果)
  • 私立高校の入学後の費用は約35万円~約79万円(文部科学省データ・アンケート結果)
  • 世帯年収910万円未満のご家庭は118,800円、世帯年収590万円未満のご家庭は396,000円の支援が受けられる

という事が分かりました。

2020年4月までは「公立高校の支援額(年間118,800円)」+「世帯所得に応じて3段階で支援額が加算」という仕組みでしたが、その仕組みでは私立高校の授業料を補うことができないため差額分の負担が必要でした。

しかし制度改正後は内容が大きく変わり、世帯年収590万円未満のご家庭では396,000円の支援が受けられ、私立高校でも授業料の実質無償化が実現されました。

また上記制度以外にも、独自の支援制度を打ち出している都道府県もあります。

是非一度、「お住まいの都道府県(もしくは市区町村名) 私立高校 授業料」で検索してみてくださいね^^

この記事が少しでもお役に立ったなら幸いです!

最後までお読み頂きありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる